カテゴリー別アーカイブ: 水素水と糖尿病

水素水の糖尿病への働き

日本人で糖尿病の疑いがある人は950万人程度といわれています。糖尿病が進行すると合併症の危険があります。

 

糖尿病とは、インスリンの分泌量が減少をしたり、インスリンの働きが悪くなって、血糖値が高くなってしまう病気です。1型と2型がありますが、2型が9割ほどを占めています。

 

インスリンはすい臓のβ細胞で生産されて分泌されます。すい臓のβ細胞はストレス(活性酸素)に弱いため、活性酸素が大量に発生をして傷つけられてしまうと、その機能が落ちてしまいます。

 

すい臓のβ細胞の負担を減らす一つの方法として水素水が注目されています。
水素には活性酸素(ヒドロキシラジカル)を無害な水に変えてくれます。活性酸素を除去することで、すい臓のβ細胞の機能不全の予防や改善が期待できと注目されているのです。

 

実際、2型糖尿病の患者を対象に水素水を摂取してもらい、一部の患者で血糖値が改善したという報告があります。

持ち運びに便利な水素サプリなどもあるので、糖尿病の治療で水素水を利用したい場合は、詳しい医師に相談をしてください。