カテゴリー別アーカイブ: 水素水と活性水素

水素水はなぜ体に良いとされているのか

人間の体内では呼吸によって取り込んだ酸素を利用して代謝が行われていますが、その過程で強い酸化作用を持つ活性酸素が発生します。活性酸素には体を守る働きもありますが、増え過ぎると細胞が老化する原因となります。

 

そのため、活性酸素が増え過ぎるとシミやシワが増えたり、太りやすくなったり、疲れやすくなったり、ガンや動脈硬化、糖尿病などの様々な病気を発症しやすくなったりします。

 

活性酸素の発生量はストレスや飲酒、喫煙、激しい運動、紫外線の浴びすぎなどが原因で増えるので、活性酸素の発生を抑えるには普段の生活習慣を見直すことも大切ですが、同時に抗酸化作用の高い物質を体内に取り入れることも大切です。

 

ワインなどに多く含まれているポリフェノールには高い抗酸化作用があることがよく知られていますが、水素にも高い抗酸化作用があります。

 

そのため、通常の水より多くの水素が含まれている水素水を飲めば高い抗酸化作用を得ることが可能です。つまり、水素水を飲めば様々な美容・健康効果が期待できるのです。